OUR THINKING

企業理念

 

Our greatest Joy is to give you Happiness.

 ”皆さまが幸せならそれが一番です”

 当社は、人が本来持っている「感性・感覚」を大切にし、一人ひとりがいつも笑顔でいられるように、幸せな時間や空間であったり、香りであったりと、"人の心" を "会社の心" として提供できれば、と考えております。

 

人事理念

 

隣の人へ はたらく幸せの喜びを

 

Corporate Identity

 YAMATOSANのCI(Corporate Identity)は、国籍や宗教を問わず世界の人々が日本文化の良さを分かち合い、その共感が連鎖的に拡がっていくようにとの願いを込めて、外国の方にも一目で私たちをYAMATOSANであると認知・認識していただけるよう、極力シンプルで印象的な図形を用いたデザインによって、私たちYAMATOSANという存在を表現しています。
 

   私たちYAMATOSANを構成する考え方をどうやったら理解していくか。考案者、運営人などにより、ロゴを構成する斜めの線(縦・横以外の線)にナショナルフラッグでもちいられるセントアンドリュースクロスの要素を加えています。
 すなわち、本来のナショナルフラッグにある、斜めの線の勾配は 各国違いますが概ね、2:3(1:1.5)です。しかしこの勾配をそのまま利用するとデザインとしての調和がとりにくいため、私たちYAMATOSANのロゴでは、基調とする正方形のデザインと調和させるために、ロゴを構成する斜めの線(縦・横以外の線)の勾配を多少緩やかにして 5:6(1:1.2)とすることによって、この要素を表現しています。
 もし、よろしければこのマークを印刷をしてこのロゴの中心に狙いを定めて、4隅の角からお好きなよう線を引いてみるとおもしろいかもしれません。
 なお、コーポレートカラーは近日中に公開します。それでは代表より簡単な挨拶です。

代表挨拶

平素より、当社の事業にかかわるすべての関係者の皆様、地域の皆様のご支援賜り、誠にありがとうございます。皆様、上の四角のロゴマーク。真ん中へ線が通り”交わり”ましたでしょうか?

 さて設立時、私達は”人が本来持っているものを追求すること”を共通の理念とし株式会社 Rist 様、学校法人鎮西学院様、など様々なことにチャレンジをしてきました。
 しかし、追求すればするほど待っていたのは、人の力でした。 この人の力は私が思っているよりもとても想像がつかない力で、人が本来持っているものを追求することは容易ではないことがわかりました。

 昨年、私はちょっとしたことで ルーマニア、英国、フランス、ドイツ、ベルギー、キプロス、エジプト、イタリア、サンマリノ、トルコ、ギリシャ、アメリカなど世界一周をしてきて最も得たことは、”格差”でした。
 この格差、先進国である日本でも”学歴”、”性別”、”職歴”、”貧富”、その他様々な形で”格差”は存在しますが、その中に私が注目したのは食に対しての格差でした。
 毎日同じものを食べ、毎日同じサプリメントを飲んでいる世界中の人々が食に対しての格差が起きていることを気付かないまま亡くなっていく。

 同じ地球に住んでいるのに、世界一周をした方々が”日本に帰ってきて一番日本食がおいしい”という理由を肌で感じました。もちろん、郷土料理の文化や食料困難という食料そのものの格差ではありません。

 

 これから食の産業改革をおこなってまいります。

 この食格差、ゼロとは言えませんが無くしていくことは並大抵のことではないとおもいます。日本から世界へ日本食の素晴らしさを感じてもらい世界のすべての人がおいしい食事がとれるよう、時代の流れとは逆行しますがアウトバウンドマーケティングをおこなってまいります。

 最後に、私、自ら全ての力を尽くし、先頭に立ちこの問題と闘っていく所存でありますので、これからも未熟ではありますが、お力をお貸し下さい。
 皆様の変わらぬご理解、ご支援をお願いします。

2019年1月
代表取締役社長
林 田 大 和

代表略歴

代表取締役: 林 田 大 和

京都市生まれ長崎育ち。

  鎮西学院高等学校を卒業後、ヒューレット・パッカード社、マイクロソフト社、エヌ・シー・ジャパン社、日本郵政公社に勤務しながら、実家の旅館、料亭、結婚式場の運営を行う。
  母が医療ミスで他界した後、渋谷の老舗居酒屋「富士屋本店」に従事しながら作曲家、芸術家を経験する。
  2015年、引きこもりの子を預かることとなり、引きこもりの子が”会社をおこして、金儲けをして両親を幸せにしたい。”ということを鵜呑みにし、2017年株式会社YAMATOSAN(現YAMATOSAN株式会社)を設立。

好きな言葉「言には力がある」